プライベートは「仕事と全く関係ないコト」をした方がよい

まみたす

こんにちわ、まみたす(@mami_tasuu)です。

皆さん既に実践済みかと思いますが、タイトル通り、

プライベートは「仕事と全く関係ないコト」をした方がよい

という話です。

「全く関係ない」の度合いが高ければ高いほどよいです。

社会人10年目の私の持論ですが、メリットは以下の3点。

  1. プライベートと仕事のメリハリをつけれる
  2. 「仕事と全く関係ないコト」なのに仕事のヒントを得られる
  3. 感性が磨かれ、新しい発想・人脈が増える

エピソードを交えて詳しく語らせていただきます。

1. プライベートと仕事のメリハリをつけれる

仕事モード

「仕事と全く関係コト」をやることで、メリハリをつけることができます。

メリハリが出来ると、自分の中で「仕事モード」と「プライベートモード」の切り替えが出来るようになり、「仕事モード」になると集中力高く仕事ができるようになります。

※あくまで私の場合です。当てはまらない方ごめんなさい笑

2. 「仕事と全く関係ないコト」なのに仕事のヒントを得られる

先日「こまぱく ~参道狛犬万博 2018 in 市川市~」に行ってきました。

f:id:mami_tasu:20181023235951j:image:w400

私「狛犬」を見ることが好きなんです。

「狛犬」と言っても、神社によって顔も違うし、質感やオーラも違うんですっ!「芸術」「アート」なんですっ!(興奮)

真面目な感じのイベントかな?と思って行きましたが、ポップさがあったり、ワクワクするような見せ方や工夫をされていて「ずっといたいと思える空間」でした。

f:id:mami_tasu:20181023235956j:image:w400

実際のイベントの写真は以下を参照ください。

最近「コミュニティマーケティング」という言葉があります。

コミュニティマーケティングとは
・企業やブランドをコアとして集まる顧客のコミュニティが対象
・コミュニティに集まる顧客はファン
・コミュニティを活用することで、顧客目線の商品開発やカスタマーサポートコストの低減、さらに熱狂させて顧客生涯価値を向上できる
・NPSが10点の顧客はファンバサダーであり、第三者へ発信してくれる最重要顧客
[参照] コミュニティマーケティングとは何なのか?どんな課題を解決できるのか?

実際に「こまぱく」にいらした方は「狛犬」「主催者」のファンであり、その場にいらっしゃった他のお客様とお話して情報交換したり、「こまぱく」を通して「狛犬」の魅力を広げていきたい、と思いました。

「仕事と全く関係ないコト」なのに「仕事と一緒だ」と感じたと同時に、「コミュニティマーケティング」の成功事例として体験することができました。

3. 感性が磨かれ、新しい発想・人脈が増える

先日、ストリップ劇場「浅草ロック座」に会社の仲良し3人組で行ってきました。

f:id:mami_tasu:20181023235842j:image:w400

同性とは言え、他人のあんなとこ・こんなとこをガン見する機会はほぼ無いので、

刺激的でした。

趣味でたまに「マーチングバンド」をやっているのですが、「体の見せ方」や「表情の作り方」等、全然違うと思いました。

そして、このエピソードをフックにあまり接点がない人とお話し新しい友達ができたりしました。女性3人で「社会科見学」しに行った!と言っても誰も引かなかったです!w

余談となりますが、突入前、Twitterに

い、今から「浅草ロック座」でショー見ます。ドキドキドキドキドキ

とツイートしたら、続々とエロ動画アカウントにフォローされ始めましたw

まとめ

と、つらつら持論を書いてしまいましたが、

仕事が忙しいと、そこに引きづられて土日も休んだ気がせず、月曜日を迎える、そしてまた忙しい、と無限ループで息が詰まってしまいます。

外に出て出来ることもいいですし、家でやれることでもいいと思います。

私自身、食わず嫌いで拒否していたこと(例:映画館で邦画を見ること)も、実際にやってみると結果的に良かったと思えることもありました。

ストレス発散も兼ねて、プライベートは「仕事と全く関係ないコト」をしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です